指導方針#2

三鷹FCの指導方針の概要は「育成」となりますが、具体的にどのよう
な考え方でクラブ運営を行っていくかについて書いていきたいと思い
ます。

1.練習と試合について
クラブの主体活動は練習です。練習の成果を試すのが試合となります
が競技への参加がクラブの目的ではありません。
競技(試合)参加はクラブのイベントとしてとらえて下さい。
また、試合は子供たちの社会性を養う場としてチームでは考えており
ます。

【練習の目的】
「スポーツマンを育てること」子供たちがスポーツ活動を通して自立
に必要な経験と体験をすることにスポーツは大きな影響を与えると考
えます。そして、もちろんサッカーを媒体として活動を行っておりま
すのでサッカーのスキルアップも重要な目的の一つで、チームとして
個人として将来有望な選手を育てることも目的です。

【1・2年生】
低学年においてはまずサッカーを好きになることが重要です。
学年が上がるごとにサッカーの基礎となる技術練習が増えます。コツ
コツとドリル練習をこなさなければならなかったり、競い合う場面も
増えてくることから挫折させないためにサッカーの総合的な楽しさを
体感し、自ら進んで練習する姿勢を持てる様にしたいと思います。
また、この年代では自己統制が十分でないためサッカー技術の練習だ
けでなく練習でのルールやチームでの決まり事を守ること、メンバー
同士のコミュニケーション能力の向上を図ることが大切です。
チームでは子供たちが安全・安心して練習できる環境作りとその年代
にあったプログラムでの指導をおこないます。
※基礎技術(運ぶ・蹴る・止める)へのアプローチ

【3・4年生】
サッカースタイルが個人から組織へと変わっていく年代です。
組織の中で自分の役割を理解し、個々の能力を発揮できるようになり
ます。サッカーに関しての専門的な知識も覚え、積極的に対外試合を
おこないます。
また、足元の技術だけでなくフィジカルの能力も必要となるため、コ
ンタクトスキル(体を使い相手をブロックする)や瞬発力、技のクオ
リティの向上を目指します。
この年代で習得してもらいたいのは「学習」する習慣です。コーチに
言われたことをやっていれば良いんだということよりも学ぶことの出
来る選手になれるよう指導いたします。
例えば同じ様な読み方や行動を意味する言葉でも使う漢字によって意
味合いが違ってきます。
コーチの指導を受けて「見て聞いて」~「反応」~「動く」に対して
「観て聴いて」~「思考」~「実行」する様な習慣を持てる選手にな
ることを推奨します。

【5・6年生】
ジュニア年代最後のカテゴリーとなります。総合的なパフォーマンス
を発揮できる年代です。「判断」についてのスキルを上げるために各
要素を統合できるように指導いたします。また、中学生までに習得し
ておかなければならないスキルについての課題があるため、パフォー
マンスとして発揮できなくとも知識や体験として覚えることが重要と
考えております。(今できなくとも知識や体験として認識できれば将
来につながります。)
これは今まで中学生を指導してきて感じたことで、中学生年代での
トレーニングにおいて小学生で習得しておかなければならないスキル
を一からやり直す時間はほとんどありません。
しかし、小学生年代で経験し習得できなかった課題はフィジカルの向
上において習得することが出来る様になります。
(最初からやり直し習得できないことはありませんが(勉強同様)練
習の流れに乗り遅れてしまい他の者との遅れを生じてしまいます。)
身体が大きくなること、筋力が付くことでダイナミックで素早く・力
強いプレーが可能になります。従いまして、小学生年代では動きの中
でのボディバランスやタイミング、リズム感等の神経系の動きにター
ゲットを絞り指導していきます。
小学生年代で子供たちのプレーやパフォーマンスは完成しません。
個々のポテンシャル(潜在能力)についても練習の中で感じながら指
導していかなければなりませんし、小学生年代でのパフォーマンスの
在り方についても認識していなけばなりません。育てた選手が将来ど
のように成長したかはその大きな要素ともなります。
また、スキル・フィジカル共に兼ね備えた選手が必ずしもトップアス
リートとなるとは限りません。その様な選手が挫折するのは往々にし
てサッカー活動以外の問題が原因です。

その為にも体力や技術だけでなく「スポーツマンとしての資質」を高
めることを小学生年代から養うことが重要だと考えます。

コメントを残す