10/24日:Mリーグを終えて

先週17日が雨天中止となり、この日の対戦も含め24日にMリーグが行わ
れました。
最初は4年生、高山SCとの試合、負ければ予選リーグ1位通過が出来ない
状況でのリーグ最終戦となりました。結果は見事に勝利で1位通過となり
ました。
内容は安定した戦いが出来たと思います。特に攻撃陣のパスの繋げ方が
良かったこと、練習の成果が出せたのではないでしょうか。
課題はサイドバックの攻撃参加で2月11日のファイナルに向け練習をし
ていきたいと思います。
2試合目は2年生、4年生同様にリーグ最終戦で1位通過をかけた対戦とな
り結果は勝利で1位通過決定となりました。
2年生に関しては、今後ファイナル、大沢総合グランドの広いコートでの
戦いに合わせてチームを作っていきたいと思います。組織的なプレース
タイルへのアプローチとなります。
3試合目は3年生もリーグ最終戦、目標は勝ち点3をとり決勝トーナメン
トシード(4位以内)となります。結果は勝利となり他チームの結果待ち
となっておりますが、当初の目標はクリアできたのではと思います。
内容に関しては、攻撃にちぐはぐな場面が目立ち決定力を欠いた試合で
あったように感じます。決勝トーナメントではシードは取れても勝ち抜
きベスト4に残ることが必要です。中盤の動きの訂正と戦術への理解を
高めていきたいと思います。また、個々には1対1の対応のスキルアップ
が重要となります。
4・5試合目は1年生、1年生に関しては団子サッカーで負けないことを
もっとうに戦っておりますが、試合では団子状態の中で相手をかわす場
面も見られる様になり、試合をやるたびに良い動きが出来る様になって
きました。特に今回の試合ではキックでクリアする動きが出てきたこと
は大きな進歩です。
残り2試合この調子で勝ち切れると良いと思います。
各学年サッカーこれからもしっかり練習していきましょう!
試合ではチームとして勝つことも大事ですが、練習の目的は個々の能力
を上げることです。 以上

6年生:全少大会を終えて

10月17日:6年生全日本少年サッカー大会ブロック予選3回戦が雨天の中
厳しい状況でありましたが開催されました。
結果については負けてしまいましたが、全体的には力をだせていたと思
います。
ただ、1つ残念だったのは予想もしない様なミスがあった事です。
私としては6年生の総決算ともいえる全少大会の試合でゴールキーパーが
ゴールキックの場面でゴール前にいた敵にパスをしてしまうというミス
が出てしまった事の分析が試合が終わった後も出来ず、どのように解釈
したら良いのか現在も困惑中です。(ミスが起きた原因についての分析)
しかし、ゴールキーパーも一生懸命やった結果ミスしてしまった訳です
から仕方ないことであり今後に生かしてもらえればと思います。
戦術的な反省は、カウンターアタックに頼りすぎた事があげられます。
これは、コーチの責任として反省しなければならない点です。
本来、カウンター攻撃とは別にハイプレッシャーから裏を取る動きに重
点を置かなければならないところ、前線にフィジカルの強いフォワード
が出来たことから縦へのフォワードパスを多用し、また、それにより今
までの試合で得点も取れてしまったことから、カウンター重視の単調な
攻撃となってしまいました。
後半になると相手チームに中盤を支配されサイドチェンジから相手に裏
をとられる場面が増え失点につながりました。
6年生はあと半年足らずで卒業となります。まだまだ公式戦は続きます
ので最後まで頑張りましょう!